お知らせ

平成28年度 ひたち医療センター 病院指標 


平成28年度 ひたち医療センター 病院指標

 

 

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

 

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1 26 73 60 122 162 390 568 547 216

入院患者の年齢階級別患者数の指標。昨年同様、70歳台の入院患者が最も多く、次に80歳台、60歳台と続いている。未成年患者(0~19歳)の割合は1.2%。70歳以上の割合は61.4%となっている。

 

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
 –
 –

 

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 9 3 10 1 31 2 1 7
大腸癌 11 27 35 6 28 7 1 6.7
乳癌 0 0 0 0 0 0
肺癌 0 0 0 1 0 0 1 7
肝癌 0 0 0 0 10 0 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院に入院し、癌診療を受けた5つの代表的癌疾患(5大癌)の診療情報の指標。はじめての治療(初発)時の癌進行度(Stage;ステージ)と再発で治療を受けた患者数を集計した。その中でも大腸癌の患者が最も多く、次いで胃癌となった。

 

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 12 13.17 51
中等症 93 24.60 82.45
重症 31 32.74 86.19
超重症 9 20.67 84.11
不明 0 0 0

日常生活をしていた人が発症した肺炎(市中肺炎)の重症度を見た指標。入院中に発症した肺炎(院内肺炎)を別にし、市中肺炎の入院患者数をみた。重症度別では「中等症」がもっと多く、次いで「重症」、「軽症」、「超重症」の順になっている。

 

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内  –
その他  –
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内  –
その他  –
I63$ 脳梗塞 3日以内 1 58.00 95.00 0
その他 1 32.00 64.00 50.00
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 1 3.00 76.0 0
その他

脳梗塞を国際的な疾患等分類(ICD10分類)に基づき、入院患者数をみた指標。主な疾患としては表のとおりである。脳梗塞による疾患の入院患者が最も多い。

 

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード


消化器科(平成28年10月~)


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 69 0.45 1.09 0 68.91
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 33 5.36 5.03 0 59.88
K6335 鼡径ヘルニア手術 24 1.46 4.50 0 71.21
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 18 1.56 12.78 0 71.78
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 15 0.33 1.60 0 67.53

平成28年10月から「外科」「胃腸科」を「消化器科」と名称変更。この数値は消化器科になってからの数値である。上位5位は表のとおりとなっている。昨年同様内視鏡的大腸ポリープが最も多く、次に腹腔鏡下胆嚢摘出術、鼡径ヘルニア手術と続く。


外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 80 0.34 1.14 0 69.70
K6335 鼡径ヘルニア手術 47 1.62 4.91 0 68.02
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 31 68.7 9.94 0 66.39
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 20 4.15 12.30 0 77.10
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍手術 19 6.63 13.84 5.26 72.16

上位5位は表のとおりとなっている。上位5位の平均年齢はいずれも60~70歳台となっている。


整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 69 4.49 39.20 10.14 83.28
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 31 4.32 49.19 3.23 80.48
K0463 骨折観血的手術(鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く)、足、指(手、足)、その他) 14 3.71 18.21 0 51.86
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 13 1.69 9.69 0 63.77
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕、下腿) 12 1.00 1.50 0 47.92

整形外科の手術は表のとおりとなっている。骨折観血的手術が最も多い。


形成外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) 4 0.75 1.50 0 47.50
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹) 3 1.00 5.00 0 65.67
K193-33 レックリングハウゼン病偽神経腫切除術(露出部以外)3 3 0.67 3.00 0 41.67
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) 3 0.33 3.33 0 72.33
K0064 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径12cm以上) 2 1.00 7.50 0 56.00

形成外科手術は表のとおりとなっている。


内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 50 3.04 3.32 0 70.86
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 6 8.83 11.67 0 82.67
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 5 0 27.20 0 64.60
K597-2 ペースメーカー交換術 3 1.33 8.00 0 83.67
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 2 1.00 1.00 0 51.00

内科の手術は表のとおりである。専門が循環器であるため冠動脈ステント留置術やペースメーカー移植術などが上位5位を占めている。

 

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 6 0.28
異なる 6 0.28
180010 敗血症 同一 5 0.23
異なる 2 0.09
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 2 0.09
異なる 0 0

この指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロになりえないものであるが、少しでも改善すべきものとして、播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、手術・処置の合併症について、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別して、対象患者数と発症率を示したものである。

 

更新履歴

2017.09.19

平成28年度更新データ掲載
年別アーカイブ