診療科・各部署の紹介

看護部

教育

IMG_0111

教育プログラム

看護部の目標に合わせ、看護職員ひとりひとりの看護実践の開発、そして何よりも豊かな人間性を育んでいけるように看護部教育委員会が中心となって、院内教育の企画・運営を行っています。看護職員個々のキャリア開発に向けて力を注いでいます。
また、院外の各種研修等への参加については、参加費・交通費・宿泊費を病院負担にするなど支援を行って、看護職員個々のキャリア開発に向けて力を注いでいます。

教育目標

  1. ひたち医療センターの看護師として、必要な専門知識と技術を習得し、技術・態度を備えた看護師育成を目指す。
  2. 看護部のスタッフの知識の向上を目的とし、看護レベルの統一化を図る。

年次に応じた看護教育の実施

段階 対象者 目的 目標 研修内容
ラダーⅠ 新卒対象者 先輩の指導を受けながら適切な看護業務ができる。 1. 病院の組織及び理念を理解する。 オリエンテーション
基礎看護技術研修
感染予防
医療安全・KYT
救急対応(BLS)
2. 看護部の理念・目標を理解する。
3. 社会人としての自覚を持ち、行動できる。
4. 指導を受けながら安全、確実に看護実践ができる。
ラダーⅡ 2年目 看護過程に沿って自立して実践できる。 1. 指導を受けながら、安全・確実に看護実践ができる。 看護計画立案
事例発表
評価・実施
救急看護
看護倫理
医療安全(KYT)
2. 複数の受け持ちに対して、優先度を判断し看護援助ができる。
3. 専門的な知識、技術を学び、救急患者の対応ができる。
4. ケーススタディを通して研究的な態度を身に付ける。
ラダーⅢ 3年目 看護過程に沿って自主的に看護が実践できる。 1. 受け持ち看護師として問題を明確にし、個別性を踏まえた看護実践ができる。 プリセプター研修
医療安全
看護研究・事例検討
リーダーシップ
日々のリーダー
2. リーダーシップを学び、日々のリーダーが自立してできる。
3. プリセプターの役割を理解し、新人看護師の精神面における支援ができる。
4. 看護研究を主体的にまとめ、研究会や学会で発表できる。
ラダーⅣ 5年目以上 看護的視点を学びリーダーシップを発揮し、自己啓発を図る。 1. 看護の質の向上や自らの課題を持って、取り組むことができる。 リーダーシップ
実習指導者講習会
医療安全(分析)
2. あらゆる場面でリーダーシップ・メンバーシップを柔軟にとれる。
3. 実施指導者として新人看護師への教育的指導ができる。
4. 看護研究を主体的にまとめ、研究会や学会で発表できる。
ラダーⅤ 専門看護コース 特定の看護分野における看護師を育成し、看護実践を通して全体の質の向上を計る。 1. 熟練した看護技術と専門知識を用いて、看護実践の役割モデルを示す。 認定看護師
専門看護師
大学院修士課程(看護学分野)
2. 他の看護者において看護実践の指導的役割を担う。
3. 臨床の場において常に教育・研究的視点で事例に取り組む。
4. 領域の自己研鑽に励み、常に臨床看護実践の質向上に努める。
管理コース 看護科を魅力ある職場にするための管理を目指す。
管理能力の強化
1. 看護モデルとなり、看護師を育成できる。 ファーストレベル
セカンドレベル
サードレベル
2. 医療チームとの協働を推進できる。
3. 管理者としてのリーダーシップを発揮できる。
4. 看護職へのキャリア開発。
5. 新しい課題へチャレンジできる。
6. 他部門との連絡調整を密にし、効果的に業務できる。