診療科・各部署の紹介

各部署

栄養科

業務内容

入院患者さんの食事提供

医師の指示のもと、多様な疾患に合わせ治療にそった食事を提供しています。食事がなかなか食べられない、食欲がないなどの患者さんについては、管理栄養士がベッドサイドに訪問して、患者さんの嗜好に配慮したお食事が提供できるように対応しています。お食事は、安全性や衛生面への配慮にも努めています。

栄養管理

入院されているすべての患者さんの栄養状態を把握し、栄養管理をしております。栄養状態の改善に努めながら、早期治癒を目指しています。

外来患者さんの栄養指導、栄養相談

患者さんの日常生活を考慮し、実践的な方法で、治療ならびにセルフコントロールをサポートいたします。

入院中の食事

入院中の食事は、病状、年齢、身長、体重などに合った栄養量になるよう、担当医師が決めた食事を、管理栄養士、栄養士、調理師が心を込めて調理しています。

食事内容

一般食
常食、全粥食、軟菜食、流動食、ミキサー食、ゼリー食、嚥下食
特別治療食
糖尿病食、心臓病食、腎臓食、肝臓食、膵臓食、術後食、潰瘍食、検査食、濃厚流動食など
行事食
通常のお食事のほかに、お正月、雛祭り、七夕、クリスマスなど、季節感あふれた行事食の提供を行なっています。

食事時間

朝食8時、昼食時12時、夕食18

食べやすい食事の提供

歯の状態や噛むことのうまくできない方には、料理を細かく刻んだり、ミキサーにかけたりします。また飲み込むことがうまくできないか方には、料理にとろみをつけたり、水分にとろみをつけたり、また、料理をゼリーで固めたりして提供しています。

個別対応

特別な制限や食物アレルギーなどのある方には、患者さんの病状に応じて、個別にきめ細かく対応した
お食事を提供しています。食欲の低下している患者さんへは、嗜好に配慮したお食事の提供をしています。

外来栄養指導

当院で、慢性疾患の患者さんに下記の日程で栄養指導を行っていますので、ご活用下さるようご案内申し上げます。 なお、栄養相談は、一度当院の関連診療科に受診していただいた上で、担当医師の指示で行います。
すべて予約制となっております。内容により、個人別に指導する場合(個別指導)と集団指導を行う場合(教室)とがあります。糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病だけでなく、患者さんの食事内容や生活スタイルに合わせて、食事療法を無理なく実践し、継続できるよう管理栄養士がサポートしていきます。
栄養指導を受けられますと、各保険の自己負担に応じた料金が別途かかりますので、ご了承ください。

栄養指導日(年末年始、日曜日、祝日を除く)

指導時間は内容により30分から1時間程度となります。

曜日 午前 午後
月〜金曜日 9:30~10:30 13:30~14:30
10:30~11:30 14:30~15:30
11:30~12:30 15:30~16:30
第4火曜日 ※糖尿病栄養集団教室
14:30~15:30
土曜日 9:30~10:30 午後はなし
10:30~11:30
11:30~12:30

※糖尿病栄養集団教室
糖尿病の方、糖尿病に関心のある方なら、どなたでも参加できます。

入院栄養指導

入院中の食事療法について説明、退院後でも栄養管理が無理なく継続出来るようにサポートします。食事や栄養に関することについていつでも相談に応じています。