形成外科・美容外科

形成外科・美容外科

眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)の治療

眼瞼(まぶた)の不調によって目の疲れなどの眼症状が出てくることがあります。
まぶたが垂れ下がってきて目をさえぎってしまうようになると視界が悪く、見えにくくなってしまいますが、
これを「眼瞼下垂症」といいます。
 

※施術前
 
 眼瞼下垂症の方は、上がりにくいまぶたを頑張って上にあげて一日を過ごすため、夕方になると目が疲れて、
そのせいで肩こりや頭痛まで感じる方もいらっしゃいます。こういった目が疲れる、目が重いというのが、
眼瞼下垂症の主な自覚症状です。
 
 眼瞼下垂症の原因には様々なものがあります。皮膚が垂れ下がってくることが原因でなるもの、まぶたを引き
上げる筋肉が緩んでしまうものがほとんどですが、中には重症筋無力症といった病気が原因の方もいらっしゃい
ます。また、先天性のものもあります。まぶたが下がってしまうと視野の上半分が特に見えにくくなってしまう
ので、生活上で不都合が生じたり、まぶたが下がっているので「目つきが変わった」と周りの方に言われて初め
て気づいたりすることもあります。高齢の方がなることが多いですが、コンタクトレンズを長期に使用している
方や、花粉症やアトピーなどでまぶたをよくこする方は年齢に関係なくなりやすいと言われています。
 
 症状を改善するためには、余分な皮膚を取ったり、場合によってはまぶたを上げる筋肉(眼瞼挙筋)を治す
手術を行ったりします。これをすると視界が広くなり、目の疲れなどの症状の改善が期待できます。
 

※施術後
 
 診断するには診察を受けるのが一番ですが、目が疲れる、重いなどを感じたらまず、ご自身で鏡を見てまぶた
をよく観察してみるのも良いと思います。まぶたの皮膚がまつ毛を下に押しやるほどかぶさっている、昔より目
の開きが狭く、黒目に必要以上にかぶさっているなどが主な症状です。昔の写真があれば現在と比べてみるのも
よい方法だと思います。
 
 上記のような症状が気になる方は、一度ご相談ください。