お知らせ

平成29年度 ひたち医療センター 病院指標


平成29年度 ひたち医療センター 病院指標

 

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

 

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 27 49 77 148 174 458 704 645 236

〇入院患者の年齢階級別患者数の指標。昨年同様、70歳代の入院患者が最も多く、次に80歳代、60歳代と続いている。未成年患者(0~19歳)の割合は1.1%。70歳以上の割合は62.9%となっている。

 

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
 –  –
 –

〇2017年度はDPC対象病院ではないため公表対象外。

 

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数(ファイルをダウンロード)

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 14 9 3 2 26 1 1 7
大腸癌 8 26 41 4 33 4 1 7
乳癌 0 0 0 0 0 0 0
肺癌 0 0 0 0 2 0 1 7
肝癌 0 0 0 0 14 0 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

〇当院入院し、癌診療を受けた5つの代表的癌疾患(5大癌)の診療情報の指標。はじめての治療(初発)時の癌進行度(stage;ステージ)と再発で治療を受けた患者数を集計した。その中でも「胃癌」の患者が最も多く、次いで「大腸癌」となった。

 

成人市中肺炎の重症度別患者数等(ファイルをダウンロード)

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 20 7.15 54.25
中等症 122 17.55 82.23
重症 36 21.61 88.31
超重症 16 31.19 85.31
不明 0 0 0

〇日常生活をしていたい人が発症した肺炎(市中肺炎)の重症度を見た指標。入院中に発症した肺炎(院内肺炎)を別にし、市中肺炎の入院患者数をみた。重症度別では「中等度」が最も多く、次いで「重症」、「軽症」、「超重症」の順になっている。

 

脳梗塞の患者数等(ファイルをダウンロード)

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 3 21 91.33 0
その他 1 64 78 0

 

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)(ファイルをダウンロード)

消化器科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 148 0.28 1.3 0 68.32
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 61 3.57 5.41 0 61.79
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 47 2.26 14.15 0 77.23
K634 腹腔鏡下鼡径ヘルニア手術(両側) 37 1.03 2.62 0 64.59
K6335 鼡径ヘルニア手術 31 1.84 4.35 0 74.74

〇平成28年10月から「外科」「胃腸科」を「消化器科」名称変更。上位5位は表のとおりとなっている。昨年同様、「内視鏡的大腸ポリープ」が最も多く、次に「腹腔鏡下胆嚢摘出術」、「内視鏡的胆道ステント留置術」と続く。


整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 75 4.61 34.13 4 81.91
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 34 2.74 11.65 0 61.29
K0811 人口骨頭挿入術(肩、股) 28 5.39 43.86 7.14 81.14
K0463 骨折観血的手術(鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く)、

足、指(手、足)その他)

16 4.06 24.81 0 64.5
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕、下腿) 10 1 3.5 0 67.6

〇整形外科の手術は表のとおりとなっている。骨折観血的手術が最も多い。


内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 78 2.4 2.35 0 71.04
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 21 1.48 2.14 0 58.24
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜ア

プローチ)

20 1.6 3.6 0 67.95
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 9 4 14.11 0 77.44
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 6 0.83 1.17 0 69.33

〇内科の手術は表のとおりである。専門が「循環器」であるため、「冠動脈ステント留置術」や「カテーテル心筋焼灼術」などが上位5位を占めている。


形成外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩、上腕、前腕、大腿、下

腿、躯幹)

9 1.44 4.78 0 67.22
K0064 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径12㎝以上) 4 1 16.5 0 67.25
K0003 創傷処理(筋肉、臓器に達するもの)(長径10㎝以

上)(その他のもの)

3 11.67 35.33 0 73.00
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6㎝以

上12㎝未満)

3 0.67 2 0 58.33
K333 鼻骨骨折整復固定術 3 1 1.33 0 23.33

〇形成外科は表のとおりとなっている。

 

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)(ファイルをダウンロード)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 6 0.24
異なる 6 0.24
180010 敗血症 同一 22 0.87
異なる 8 0.32
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.04
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 2 0.08
異なる 0 0

〇この指標は、医療の質の改善に資するため臨床上ゼロになりえないものであるが、少しでも改善すべきものとして、「播種性血管内凝固症候群」、「敗血症」、「その他真菌感染症」、「手術・処置等の合併症」について、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別して、対象患者数と発症率を示したものである。

 
 

更新履歴

 

 

2018年9月3日

平成29年度更新データ掲載

 

年別アーカイブ