診療科・各部署の紹介

診療科

形成外科・美容外科

形成外科について

形成外科とは、病気を治すだけではなく、あらゆる手法や特殊な技術を駆使し、機能のみならず形態的にもより正常に、より美しくすることによって、皆様の生活の質”Quality of Life”の向上に貢献する、外科系の専門領域です。
その治療範囲は顔面骨を含む全身のあらゆる部位の体表面となり、形成外科医はまさしく身体外表の総合外科医 といえます。

 

当院形成外科は2014年10月に常勤診療科として開設されました。日本形成外科学会認定の専門医が診療に従事しております。 日立総合病院形成外科と連携し、地域の医療に貢献して参ります。

主な診療内容

  • やけど
  • 顔の傷・顔の骨の骨折
  • 手足の傷
  • イボ・ほくろ・皮膚の下のできもの
  • 傷跡・傷のひきつれ
  • 床ずれ・治りにくい傷
  • 陥入爪・巻き爪
  • 眼瞼下垂
  • 腋臭症

主な診療内容(自費)

  • 重瞼(二重)術
  • 刺青切除
  • ピアス(自費)
  • 睫毛貧毛症(医療用まつ毛育毛剤の処方箋を発行いたします)

スタッフ紹介

原 裕太

担当:
月曜日~木曜日・土曜日
略歴:
平成15年3月 群馬大学医学部卒業
資格:
日本形成外科学会専門医

吉本 信也

担当:
第2・第4金曜日のうち月1回(不定期)
略歴:
  • 昭和53年3月 昭和大学医学部卒業
  • 昭和大学医学部形成外科学講座教授
資格:
日本形成外科学会専門医
医学博士

門松 香一

担当:
水曜日
略歴:
  • 昭和63年3月 昭和大学医学部卒業
  • 熊本機能病院、新日鐵八幡病院、千葉こども病院、川崎病院形成外科部長、英国バーミンガムこども病院留学などを経験
  • 昭和大学医学部形成外科講師(現在)
資格:
日本形成外科学会専門医
医学博士