本文へ移動

形成外科・美容外科

形成外科・美容外科について

形成外科・美容外科では、目に見えるあらゆる所を治療しています。
体の悩みでどこに受診すればよいかわからない、という時にも一度、形成外科を受診してみてください。

以下のような症状を取り扱っています

  • やけど
  • 顔のケガ・顔の骨の骨折
  • 手足のケガ
  • イボ・ほくろ・皮膚の下のできもの
  • 傷跡・傷のひきつれ・ケロイド・瘢痕(はんこん)
  • 床ずれ(褥瘡)・治りにくい傷
  • 陥入爪・巻き爪・爪の変形
  • 眼瞼下垂
  • 腋臭症・多汗症

まぶたの病気、眼瞼下垂(がんけんかすい)

  • まぶたが垂れ下がってきて視界が遮られ、見えにくくなってしまう症状を「眼瞼下垂症」といいます。
  • これを改善することにより、視界が広くなり目の疲れなどの症状の改善が期待できます。
▶詳しくは こちら

主な自費(保険適用外)診療

  • 重瞼(二重)術
  • 刺青(タトゥー)切除
  • ピアス
  • AGA(男性型脱毛症)
    →成人男性で「薄毛」や「抜け毛」に悩んでいる方、「将来自分の頭髪に不安がある」という方をサポートし、生活習慣の改善まで含めてケアしていくことが「AGA治療」です。
    ▶詳しくは こちら
  • 睫毛貧毛症
    →自分のまつ毛が「少ない」、「短い」、「細い」と感じている場合、「睫毛貧毛症」かもしれません。
    ▶詳しくは こちら
  • 包茎手術(環状切開法)

スタッフ紹介

【部長】原 裕太
(はら ゆうた)
2003年(平成15年) 群馬大学医学部卒
◆日本形成外科学会 専門医
◆日本形成外科学会 皮膚腫瘍外科分野指導医
<専門分野>一般形成外科、美容外科
【非常勤】山田 健人(やまだ けんと)〔水曜日担当〕
【非常勤】門松 香一(かどまつ こういち)〔水曜日担当:月1回不定期〕
TOPへ戻る